• イメージ画像
  • イメージ画像

マイナンバーやら煙草増税やら東京五輪エンブレム問題やら・・・

来年1月に運用が始まる社会保障と税の共通番号(マイナンバー)の利用範囲を広げる改正マイナンバー法と、改正個人情報保護法が3日の衆院本会議で、与党や民主党などの賛成多数で成立しました。

改正マイナンバー法は2018年から金融機関の預貯金口座にマイナンバーを適用することが柱で、日本年金機構の個人情報流出問題を受け、マイナンバーと基礎年金番号の連結は延期しました。

マイナンバーは、日本に住民票を持つ全ての人に12桁の番号を割り振る制度で、10月から国民への通知が始まります。

行政機関などは、納税や社会保障給付に関する情報をマイナンバーで一元的に把握できるようになります。

改正マイナンバー法では、マイナンバーの利用範囲を預金口座や特定健康診査(メタボ健診)にも拡大。

預金口座へのマイナンバー登録は預金者の任意とし義務付けは避けましたが、登録により税務当局や自治体は、脱税や生活保護の不正受給を減らせると見込んでいます。

また、メタボ健診や予防接種の履歴情報とマイナンバーを結び付けると、引っ越しや転職をした場合でも、自治体や健康保険組合の間で健診情報を引き継げます。

改正個人情報保護法は、蓄積された膨大な個人情報をビッグデータとして企業が利用しやすくする一方、情報漏えいに対する罰則を設けました。

これはちゃんと政治家や官僚なども適応されるんでしょうね?

特に政治家や官僚の隠し預金。

上手に誤魔化され、結局は一般国民だけが課税対象で損だけするだろう事が濃厚ですよね。

国民1人1人に番号を割り振りするなんて受刑者の様なもの。

そしてまたそのシステム導入と構築に国民の血税が・・・

さらには個人情報の情報漏洩が・・・

国民ばかりに負担を強いる前に、まずは己が身(議員や官僚の給料や手当や退職金)を削ってからの話ではないでしょうか?

 

自民党で1箱1000円までたばこの税金を引き上げるとの話が出ている様です。

いやいや、それならまずパチンコに課税しろよ!

勝ち負けあれど勝てば利益ですやん!

しかもその分は税金として徴収も申告もされないですやん!!

そのくせ18歳を成人として飲酒・喫煙出来るわ、選挙権を持たせるとの話が出るわ、挙句が早期税の徴収とは矛盾だらけ。

国としてたばこが害を及ぼすモノと捉えるならいっそ販売中止にすれば良いのでは?

そういった事に課税するなら、働けるのに働かない不正受給の生活保護や、身体は元気で遊んだり、ゲームしたりする余裕はあるのに、精神病で病んでます。と身体障害の手当を貰っている若いニート達にこそ非労働税をかけるべき!!

国民の三大義務のうちの勤労・納税、2つも守れてないのだから!!

たばこばかり増税して、喫煙者ばかりを泣かす政策より優先課題はまずそこからではないでしょうか?


東京五輪のエンブレムでも無駄に1億を損失し、無駄に数が多過ぎる名誉職と役員達。

エンブレム問題の責任の所在が曖昧ではないかと問われた遠藤利明・五輪担当相は 「組織委員会、審査委員会、デザイナーの三者三様、それぞれの立場で責任があるんだろうと思う」と語りました。

「三者三様」は、使用中止が発表された1日の記者会見で、大会組織委員会の武藤敏郎事務総長も使った言葉。

「誰に責任があるかという議論はすべきではないし、できないと思う」元財務事務次官の武藤氏は「新しいものを作っていくことが我々の責任」とも強調しました。

ですが、発する言葉はほんと他人事ですよね。

国民の税金から捻出されてるんだから責任追及とそれを負うのは当然で三者三様と言うなら佐野氏をはじめ、その三者三様が責任をとるべき事。

格好だけつけてそれなりの給料なり手当なりあるであろう中で、責任はとりません。じゃ、世の中通用しませんよ?

役員報酬も相変わらず暗のままだし。

国民に様々な義務を強いるんだから、そういった責任問題は公表する義務が必要ですし、当然ではないでしょうか?

連日つまらないニュースばかり報道されていますが、みなさんもこういったニュースばかりでうんざりしませんか?

このページの先頭へ